トップ 旅館ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

旅館ナビ山口県 > 萩の宿常茂恵

萩の宿常茂恵

萩の宿常茂恵

常茂恵が受け継ぎ、伝えてゆきたいもの…誇り。

創業以来80年余りに渡って「萩の宿常茂恵」が
一途に守り、受け継いで来たもの。
それは、賢人たちから萩の迎賓館として
宿命付けられた者にしか持ち得ない「誇り」に他なりません。

萩の宿常茂恵:DATA
住所〒758-0025
山口県萩市大字土原608-53
電話0838-22-0150
FAX0838-22-0152
URLhttp://www.tomoehagi.jp/
営業
駐車場
業種ホテル、旅館
アクセス(バス)
○防長交通、JRバス 東萩駅 停留所・徒歩7分
(車)
○中国自動車道美祢I.Cから約1時間
○山陽自動車道防府東I.Cから約1時間20分
(その他)
宇部空港へは※乗合タクシーを運行いたしております。
萩近鉄タクシー株式会社 0838-22-0924
お役立ち情報

萩の宿常茂恵の地図

山口県萩市大字土原608-53

萩の宿常茂恵の詳細をご紹介!

■お出迎えするのは、千坪の庭、四季折々の絵巻。

石畳の回廊のかたわらに設えた枯山水の主庭と、フロントとロビーに隣り合う形で配した中庭。
その二つをはじめとする大小さまざまな庭が建物を囲み寄り添います。
すべての客室から、庭の景観を愛でることができる設計です。

老舗としての誇りや歴史の重み。そして季節や時間、眺める場所や位置によって異なる庭の表情と息づかいを感じながら。ただ寛ぎ、憩い、和むだけでなく、時間の流れの中で、赴くままに心が安らぎ、解き放たれることを願っています。


■個々に趣の異なる庭の景観が望める客室。

約千坪の広大な敷地に、主庭を取り囲むように配した全25の客室は、すべてゆとりのある離れ風の造りにて設計。
日中でも驚くほどの静寂に包まれており、一歩足を踏み入れた瞬間から時の狭間に迷い込んだかのような錯覚に陥ります。

客室はすべて伝統的な数寄屋造り。客室に飾り立てた、萩と当宿にゆかりの深い財界人や文化人の書や軸が空間をいっそう引き締め、それぞれに引き立て合っています。

■萩温泉が誘う感動の高み、癒の極み。

窓越しに差し込む柔らかな陽光を見上げながら、あるいは朝夕の静寂に身を委ね、まぶたを閉じながら。
総檜造りの開放感あふれる天井の下、黒御影石を敷き詰めた常茂恵の湯で存分に湯浴みをお愉しみください。

貴賓室と準貴賓室に宿泊の方は、専用の内風呂で広々とした庭を愛でながら、心置きなく温泉情緒を満喫できます。


■常茂恵の味、すなわち温故知新の心。

調理の信条は「温故知新」。
包丁の引き方や出汁の取り方一つにも、忘れられつつある日本料理の伝統的な知恵と技が息づいています。





常茂恵にご宿泊のお客様は、レンタカーを
特別割引料金にてご利用いただけます。

〈料金例〉
※軽乗用車 4000円/24H
※1300cc 5000円/24H
※1500cc以上 定価の30%オフ~



宇部空港、石見空港、JR新山口駅からのご利用が可能です。ご希望のお客様は、常茂恵へご連絡ください。
上記割引料金にて、レンタカー会社をご紹介いたします。

宇部空港へは※乗合タクシーを運行いたしております。
ご希望のお客様は常茂恵または下記連絡先へお問い合わせください。
※萩近鉄タクシー株式会社 0838-22-0924



スポンサー広告

ネットショップ広告


旅館ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 黒部の旅館

黒部といえば黒部渓谷、そして黒部ダム。最近では舞台であの「黒部の太陽」が上演されたと話題になりましたが、そんな黒部の旅館も本当に魅力のある旅館がたくさんあります。 日本は火山の国といわれて地震が多いデメリットもありますが、それ以上にたいていの観光地で温泉を楽しむことができます。ここ黒部は他の観光地以上に温泉を楽しむことができて、それぞれの旅館でも必ずといっていいほど露天風呂がありますし、湯量も豊富です。多いところでは男女合わせて6つも露天風呂があるほどで温泉好きな方には十分

旅館ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。